1. 海外旅行保険比較サイト i保険
  2.  > 渡航目的から選ぶ
  3.  > 駐在保険

i保険ナビダイヤル

駐在保険とは?

海外駐在は海外の環境に慣れるまで十分な備えが必要です。
充分気をつけているつもりでも体調を崩したり、思わぬ事故や盗難などのトラブルが起こりがちです。ご家族で渡航される場合は特にお子様の体調が心配になると思います。そんな時の強い味方が駐在保険。入院費用など金銭の補償だけでなく病院の紹介から通訳の派遣などトラブル処理のフォローもしてもらえます。

自分にあった駐在保険選びのポイントは?

point1

まずは第一に考えるのは病気やけがの時の補償です。
具体的には治療救援費用補償特約の事で、日本の健康保険と同様な機能で治療費を補償するものです。(歯科治療、既往症、妊娠出産に起因する疾病は除く)滞在先の医療事情を勘案して保険金額の設定をお勧めします。欧米の医療費水準は高いのは有名ですが、近年、アジア圏の医療費も高騰しており、治療救援費用は少なくとも1,000万円以上をお勧めしております。

point2

賠償責任と持ち物の損害に関する特約を選択する。
アパート・借家の場合は通常の携行品損害補償特約では室内での盗難、破損は補償できません。しかしながら、携行品損害補償特約の替わりに生活用動産補償特約を付帯することで住居内の盗難(空き巣)や破損をカバーすることができます。また通常の個人賠償責任補償特約では誤って火事を起こしてしまった場合の失火責任は補償されません。
持ち物の補償同様に、駐在員用の特約、個人賠償責任補償特約(長期契約用)や家族総合賠償責任補償特約を付けることで家主に対する失火責任をカバーできます。

生活用動産補償特約 取扱保険会社 個人賠償責任補償特約 取扱保険会社 AIU保険ジェイアイ傷害火災あいおいニッセイ同和損保

point3

駐在の場合、保険期間も長くなるため、保険料も高額になります。
必要最小限の保険でできるだけ保険料を抑えたい方にはフリープラン(自由設計)でご契約できる保険会社をお勧めします。

フリープラン取扱保険会社 ジェイアイ傷害火災東京海上日動あいおいニッセイ同和損保

point4

保険会社各社とも海外の主要都市には、キャッシュレスで治療可能な提携病院があります。滞在先の近くに提携病院があるか否かも判断基準の一つです。

各社提携病院はこちら

point6

≪海外旅行保険延長について≫
海外旅行保険は、ご出発日からご帰国日までを保険期間として設定していただき、ご契約いただく必要がありますが、
満期日(保険終期日)以降も海外での滞在をご継続されるお客様は、契約延長のお手続きが必要となります。
延長が必要なお客様は、満期日までに弊社までご連絡ください。保険会社にて延長が可能かどうか審査を行います。
保険金請求の件数・金額、保険期間・年齢等により延長をお断りすることもございますのでご注意ください。
≪海外旅行保険解約について≫
海外旅行保険は解約手続きが可能です。
解約保険料は、ご契約者様からご連絡いただいた日を「解約請求日」とし、
既に経過した期間に対応する保険料を差し引いた残額をお返しいたします。
(※解約返戻金の試算方法につきましては、ご契約いただいている保険期間によって異なります。)

各保険会社のサービスと特徴

AIU保険 ジェイアイ傷害火災 三井住友海上 東京海上日動 損保ジャパン日本興亜 あいおいニッセイ同和損保 ゼネラリ保険

i保険ナビダイヤル

資料請求はこちら

保険比較サイトi保険が選ばれる理由

海外旅行保険に
関するご質問を
まとめてご紹介!

海外旅行保険に
関する用語を
ご紹介しています!

お電話によるご相談・資料請求