海外旅行保険の選び方

【海外旅行保険】滞在期間の延長と保険の延長

海外への渡航される目的は、観光や留学、ワーキングホリデーなど様々だと思います。どこの国へ行くか、どういった場所へ行くか、現地で何をするかなどの計画を立てると思います。治安や文化、食事も渡航先を決める大事な要素になりますよね。ご自身で計画を立てて渡航される場合、旅行先で予定よりも長く滞在しようと決めることもあるかと思います。滞在期間の延長を検討される際、保険期間の延長についてご紹介していきます。

■もくじ(ページ内リンク)

保険期間の延長について

延長の方法

解約について

 

保険期間の延長について

ツアーで渡航される場合、滞在期間を延長することはまずないかと思いますが、個人で申込みをされている方や長期の留学をされる方などは渡航期間が延びる可能性も考えられますね。

海外旅行保険はご出発前にあらかじめ保険期間を設定して契約するため、帰国日が伸びるとその分の期間は無保険状態となってしまいます。無保険状態にならないためには、保険期間が切れる前に保険の延長をして頂く必要があります。また、保険期間中に延長をして頂かないと、お手続きができなくなってしまいますのでご注意ください。

なお、海外旅行保険の延長には保険会社の審査があります。審査基準は保険会社によって異なりますが、保険期間中の保険金請求履歴や延長の希望期間などによっては、延長を断られてしまう可能性があります。万一審査が通らなかった場合は延長ができませんので、当初設定した保険期間にて契約が終了となります。延長できないという可能性も考慮して、渡航期間が伸びる可能性がある場合は、あらかじめ長めの保険期間を設定しておくと安心です。

延長の方法

前述の通り、延長手続きには審査が必要となります。審査期間を考慮して、最低でも保険期間終了の2週間以上前までには必ず申請するようにしましょう。保険期間の終了が間近な場合は延長ができない可能性もありますので、渡航期間の延長が決まったらなるべく早く、保険会社もしくはご自身が契約した代理店へ延長希望のご連絡をしてください。なお、インターネット上で契約された方は、インターネット上で延長手続きができる保険会社もあります。

通常、実際の延長手続きは日本にいるご家族などが、ご本人様の代わりに手続きをして頂くことになります。延長手続きの方法は保険会社によって異なりますが、保険証券番号や希望の延長期間、渡航目的は必ず必要となりますので把握しておくようにしましょう。

解約について

延長の申請をして、保険会社の審査が通らなかった場合は無保険状態になってしまいますので、注意が必要です。万一無保険状態で海外の医療を受けると、全額自己負担となってしまいますので、治療費用が高額になる傾向があります。とくに医療水準の高い先進国は、医療水準に比例して治療費用が高額になるケースが多いです。また、海外では保険に加入していないと診療をしてもらえない可能性があります。

海外の治療費用は高額な保険金の支払い例のページにてご確認いただくことができますので、気になる方はご覧ください。

海外で無保険状態にならないためにも、当初設定した期間で帰国して頂くのが一番ですが、期間の延長が予想される場合は、あらかじめ長めの期間を保険期間を設定しておくことをおすすめいたします。長めに期間を設定しておけば、延長のための手続きや審査も必要ないので、無保険になる心配はまずありません。

保険期間よりも早く帰国する場合、解約返戻金が発生する時は未経過期間(使わなかった保険期間)の保険料を返してもらうことができます。解約をされる場合は、保険会社または契約をした代理店に解約の旨を伝えると、その日を解約日として解約返戻金の有無を確認します。

解約返戻金は実際の渡航期間によって、計算方法が異なります。実際の渡航期間が1年に満たない場合は1月単位の計算、1年以上の場合は1日単位の計算となります。

・渡航期間が1年未満の方は、帰国した日から残りの保険期間が1ヶ月以上あるとき

・渡航期間が1年以上ある方は帰国した日から残りの保険期間が1日以上あるとき

上記のような場合は、解約返戻金が発生しますので、帰国日当日に必ず連絡をするようにしましょう。帰国が早まりそうな場合は、一度保険会社や契約した代理店に確認しておきましょう。また、解約のお手続きには入出国日の確認のため、パスポートの提出を求められる場合もあります。

渡航期間が1年に満たない方は、せっかく長めに契約しても数日分の保険料が無駄になってしまう可能性が考えられますよね。海外旅行保険は「旅行を目的としてご自宅を出発されてから帰国するまで」を旅行行程中とみなし、保険期間として設定するため、一時的にでも日本に戻れば新規で海外旅行保険を契約することもできるのです。

もちろん新規契約になるため再度告知をして頂く必要がありますし、保険料の改訂がある場合は以前と保険料が変わってしまう可能性は考えられますが、こういった方法もあります。

海外旅行保険をご検討の方は海外旅行保険比較サイト「i保険」をご覧ください。

お電話で海外旅行保険の資料請求・お問い合わせはこちら【通話無料】募集代理店:アイ・エフ・クリエイト0120-207-207【受付時間】9:15~18:00(日曜、祝日は除く)

この記事を書いた人

伊藤菜央(株式会社アイ・エフ・クリエイト 保険コンサルタント) 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)