海外旅行保険の選び方

海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険があれば不要?

もし海外旅行中に、突然の病気やケガをしてしまったらと思うと、とても不安になってしまいますよね。海外の病院で治療を受けると「非常に高額な料金を請求されてしまう」という話を聞いたことはありますか?実は海外では治療費がとても高額になってしまうケースが多く、驚かれる方が多いのです。海外旅行保険は、海外旅行中の「万一」に備える保険です。

海外へ渡航される際、保険に加入する方は多いですが、クレジットカード付帯の海外旅行保険のみで充分とお考えの方もいらっしゃいます。では、クレジットカード付帯の保険だけで本当に充分なのでしょうか。

「長期渡航にも適用できるのか」「医療費が保険の支払い限度額で足りるのか」「現地の窓口で立て替えをせずに済むキャッシュレス対応があるのか」など心配事はたくさんありますよね。

■もくじ(ページ内リンク)

 海外旅行保険とは

海外旅行保険は本当に必要か

クレジットカード付帯の保険の保険と海外旅行保険

クレジットカード付帯保険の利用時の注意点

カードを複数枚持っていると合算される? 

海外旅行保険の加入方法について

 海外旅行保険とは

 海外旅行保険は海外で自身が何らかのトラブルに遭ってしまった場合や、偶然他人に損害を与えてしまった場合などに備える保険です。海外旅行保険で補償される主な内容は下記通りで、保険会社や条件によって付けられない補償もあります。 

【傷害死亡】偶然の事故によるケガが原因で、死亡した場合の補償

【傷害後遺障害】偶然の事故によるケガが原因で、後遺障害が生じた場合。後遺障害の程度によって保険金が支払われる補償

【傷害・疾病治療費用】旅行中に病気やケガをした際、その治療にかかった費用の補償

【疾病死亡】旅行中に病気にかかり、死亡してしまった場合の補償

【救援者費用】旅行先での病気やケガなどによる入院時に、家族が現地へ駆け付ける費用や、遭難時の捜索費用等がかかった場合の補償

【個人賠償責任】旅行中に旅先でお店の品物を壊してしまった場合や、他人に怪我をさせてしまったときなどにトラブルになり、賠償請求をされた際の補償

 【携行品損害】あやまってデジタルカメラを落として壊れてしまった時や、盗難に遭った場合の補償

※地域によっては、スマートフォンを盗まれてしまうことも多く発生しているため、利用率が高い補償です。

 海外旅行保険は本当に必要か 

海外旅行保険は必要です。普段とは異なる慣れない環境で過ごすと、ケガをしてしまう可能性や渡航先の治安などにより、何らかの犯罪被害に遭ってしまう可能性が高くなります。特に旅行者は狙われやすく、治安が悪い地域もあるため、盗難などの被害には注意が必要です。

日本とは衛生事情も異なるので、食あたりになってしまう可能性も考えられます。万一の時のリスクに対応するためにも、海外旅行保険で備える必要があります。

では海外の医療事情を見てみましょう。たとえば、支払い例をご覧いただくとお分かりになる通り、腹膜炎の治療費用で71万円かかった例や、足の骨折治療費用だけで350万円かかった例があります。また、日本では無料で救急車を利用することができますが、渡航する国によって救急車の利用料金が発生する場合があります。

このように、日本と海外では医療事情が大きく異なります。基本的に海外での医療費は全額自己負担のため、高額になってしまうケースが多く、注意が必要です。

詳しく知りたい方は高額な保険金の支払い例ページをご覧ください。

慣れない土地で予期せぬアクシデントやトラブルが起きてしまったとき、ご自身で対応できる方はあまり多くないと思います。

病気やケガ、盗難などが起きてしまった際、ご自身に起きた出来事を外国語で説明しなければなりません。通常時であれば言葉の違いも楽しく感じられますが、非常事態にはスムーズかつ確実にコミュニケーションを取れないと困ってしまいますよね。

こういった医療事情や言葉の問題などを考えると、万一の時のリスクがとても高く感じられます。

海外旅行保険に加入していると、医師の治療を受けた際の医療費用を補償されるのはもちろんのこと、24時間・年中無休の日本語対応サービスを受けることができます。

非常事態は特に海外で日本語を聞くと予想以上に安堵するものです。日本語対応サービスを受けられるのはとても大きなメリットといえますね。また、キャッシュレス対応可能な病院も紹介や手配してもらえるため、安心して治療を受けることができます。

クレジットカード付帯の保険の保険と海外旅行保険

クレジットカード付帯の保険と海外旅行保険では、具体的にどういった違いがあるのでしょうか。大きく分けて下記のような違いが考えられます。

  • 契約期間
  • 補償の範囲・補償金額
  • サービス

契約期間について、クレジットカード付帯の保険で補償されるのは90日間もしくは60日間までです。

海外旅行保険は、渡航目的や保険会社によって異なりますが、インターネット契約で6ヶ月以上の契約を結ぶことも可能です。書面での契約であれば、数年の長期渡航もカバーすることができます。

補償の範囲について、クレジットカード付帯の保険では「疾病死亡」の補償が無いため、万一渡航中に病気で亡くなってしまった場合、保険金は支払われません。海外旅行保険は、「疾病死亡」も補償の対象となっています。

また、フリープランなどを利用することで、保険料を抑えつつご自身に必要な補償をセレクトすることができる保険会社もあります。また、補償の金額も一般的にクレジットカード付帯の保険は、海外旅行保険の補償金額と比べると少なく設定されているケースが多いです。

サービス面では、クレジットカード付帯の保険はキャッシュレスサービスが付いていない場合があります。海外旅行保険では基本的に24時間日本語対応のサービスが付いており、キャッシュレスサービスも利用できるので、外国語での説明や高額な医療費を立て替える必要がありません。

クレジットカード付帯保険の利用時の注意点

クレジットカード付帯の保険を利用しようとお考えの方は、ご自身のカードが「自動付帯」か「利用付帯」を事前に確認しておく必要があります。

自動付帯であれば、海外旅行にカードを持って行くだけで補償を受けられますが、利用付帯の場合は、該当のカードで海外旅行の費用などを支払わないと補償が受けられないという条件が付いたカードです。また利用付帯の場合は、カード会社によって補償が受けられる支払い条件などが異なりますので、併せて確認しておくと安心です。

カードを複数枚持っていると合算される? 

海外での治療費用は高額になるケースが多いため、クレジットカード付帯の保険だけで備えるのは不安に感じる方もいらっしゃいます。海外でのお買い物やレジャーを思い切り楽しむためにも、保険のために支払う保険料などはできるだけ節約したいですよね。

実は補償内容によって、保険金額を合算することができるため、結果的に限度額を上げることが可能です。ただし、複数枚カードを持っていても、同じカード会社が発行しているクレジットカードは合算の対象にはなりません。

傷害死亡、傷害後遺障害は合算して受け取ることができず、持っているクレジットカードの中で最も高い保険金額を受け取ることになります。

【治療費用】【救援者費用】【賠償責任】【携行品損害】は合算の対象となり、複数枚のカードをお持ちの場合は、保険金額が合算されます。

なお、海外旅行保険でも合算の対象となる補償内容は同じですので、クレジットカード付帯の保険と海外旅行保険を上手に組み合わせて利用される方も多くいらっしゃいます。

海外旅行保険の加入方法について

海外旅行保険に加入する方法はいくつかあります。旅行会社で旅行の申し込みと同時に行う方法や、ご自身で保険会社や保険代理店とやり取りをして加入する方法、やりとりが煩わしい方にはインターネットで完結できる海外旅行保険サイトなどが便利です。

インターネットで海外旅行保険に加入する場合は、インターネット割引が適用になる保険会社もあることから、書面契約に比べて比較的保険料を安く抑えることができます。

出発当日まで契約可能な保険会社もあり、ネット上で決済が可能ですので、お急ぎの方にメリットがあります。

海外旅行保険の加入をお急ぎの方は海外旅行保険比較サイト「i保険」短期渡航ページをご覧ください。

また、3ヶ月以上の長期渡航を検討されている方は、書面での契約をされる方が多いです。渡航目的や渡航期間によっても異なりますが、インターネットでは契約できない場合でも書面であれば申し込むことができる保険があります。また、持病をお持ちの方は契約が可能か個別に確認することができますので、書面での契約をご検討いただくことをオススメいたします。

補償内容自体を理解せずに、ご渡航を迎える方も少なくありません。ご自身が安心して海外旅行を楽しむためにも事前にクレジットカードの補償内容やご渡航リスクに対応した海外旅行保険の補償内容など、ぜひ確認しておきたいですね。

保険会社各社の保険料や保証内容を比較したい方は海外旅行保険比較サイト「i保険」をご覧ください。

お電話で海外旅行保険の資料請求・お問い合わせはこちら【通話無料】募集代理店:アイ・エフ・クリエイト0120-207-207【受付時間】9:15~18:00(日曜、祝日は除く)

この記事を書いた人

伊藤菜央(株式会社アイ・エフ・クリエイト 保険コンサルタント) 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)