海外旅行保険の選び方

【海外旅行保険】おすすめの加入方法とメリット・デメリットについて

海外旅行に行く時には、多くの方が事前に海外旅行保険に加入すると思います。海外旅行保険は海外旅行先で起こる万が一の事故や病気に備えて加入しておくと安心なものです。海外旅行保険は、保険の種類によって補償内容や金額に違いがあります。少しでも費用を安く抑えることができれば、旅行先でより楽しむことができるため、海外旅行保険のお得な加入の仕方を紹介したいと思います。

■もくじ(ページ内リンク)

旅行会社で加入する

インターネットで加入する

書面の加入方法

クレジットカードで加入する

フリープランの活用方法

旅行会社で加入する

旅行会社で海外旅行を予約する場合、一緒に海外旅行保険に加入することを勧められることがあります。旅行会社で海外旅行保険に加入すると、スタッフの方が手続きをしてくれるため、簡単に加入することができます。しかし、保険のプランが限られているため、選択肢があまり多くありません。書面での契約になるため、出発間際に加入することが難しいという点もあります。

インターネットで加入する

インターネットで海外旅行に加入する場合、ネットがつながる環境にあれば24時間いつでもどこからでも保険に加入することができます。ご自身のペースで加入したい保険を選ぶことが出来るので、ゆっくり検討することができます。保険のプランもたくさんあるので、インターネット上であれば比較もしやすいですね。また、保険会社によってはフリープランで設計することができるので、必要な補償だけをつけて保険料の節約をすることもできます。

また、インターネットでの保険契約はインターネット割引などで価格も安く設定されていることが多い点もメリットとしてあげられます。しかし、保険料の支払い方法はクレジットカードのみの場合が多いため、クレジットカード払い以外の支払い方法をご希望の方にはあまり向きません。加入条件に関しても、インターネットで契約する場合は告知内容を厳しく設定されていることが多いですが、保険会社によっては持病をお持ちの方でもご契約いただける場合もありますので、ご安心ください。なお、ご出発当日まで契約ができますので、出発日が目前の方にはおすすめです。

書面の加入方法

前述のとおり、インターネット契約では告知内容が厳しく設定されているケースがあります。しかし、同じ保険会社のインターネット契約はできなくても、書面であれば契約できる場合があります。保険代理店へお問い合わせをしていただくと、取り扱っている保険会社で契約可能なところがあるかまとめて確認することができます。健康面でご不安をお持ちの方は一度ご相談いただくことをおすすめいたします。

ただし、書面でのご契約は書類のやり取りが必要となりますので、ご出発の2週間ほど前までに一度確認していただくと、余裕を持ってご準備することができます。

クレジットカードで加入する

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯されているものもあります。クレジットカード付帯の海外旅行保険は、別途保険料を支払う必要なく、保険を利用することができます。

ただし、付帯されていない補償内容があることや、補償金額も一般的な海外旅行保険より低く設定されているため、万一の時は費用が足りない可能性があります。また、クレジットカード付帯の海外旅行保険は該当のカードを海外に持参するだけで自動的に補償が有効になる自動付帯のタイプと、補償を有効にするために一定の条件が付加された利用付帯のタイプがあります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用しようと検討されている方は、ご自身のクレジットカードに海外旅行保険が付帯されているか、補償内容、補償金額、利用条件があるタイプなのかを事前に確認しておく必要があります。クレジットカード付帯の海外旅行保険では補償内容が充分でない場合、保険料を節約するために、一般的な海外旅行保険のフリープランなどに加入して、必要な補償だけを手厚くされるという方もいらっしゃいます。

海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険があれば不要?のページで詳しく解説していますので、ご興味のある方はご覧ください。

フリープランの活用方法

海外旅行保険へ加入する際、セットプランで契約することができる保険会社もあります。フリープランとは、海外旅行保険の補償内容を必要に応じてバラ掛けできるものです。海外では、病院にかかった際の治療費などが高額になることも多いため、治療・救援費用などを手厚くすると安心です。治療・救援費用とは、ケガや病気で医師の診察・治療を受けた際の費用や、救急車やヘリコプターを含む搬送費用、捜索費用などを補償の対象とするものです。

高額な保険金の支払い例ページで、実際に支払われた治療費用などの一例を確認いただくことができますので、気になる方はご覧ください。特にヘリコプターをチャーターしなくてはならない場合、治療費よりも搬送費用のほうが高額になりがちです。海外旅行保険に加入していないと、これらの費用を全てご自身で支払わなくてはなりません。

万一の事態が起こったときのお守りとして、必ず海外旅行保険へ加入してから渡航しましょう。海外旅行保険をご検討の方は海外旅行保険比較サイト「i保険」をご覧ください。

お電話で海外旅行保険の資料請求・お問い合わせはこちら【通話無料】募集代理店:アイ・エフ・クリエイト0120-207-207【受付時間】9:15~18:00(日曜、祝日は除く)

この記事を書いた人

伊藤菜央(株式会社アイ・エフ・クリエイト 保険コンサルタント) 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)