オセアニアの海外旅行保険 比較

3か月以上の渡航はこちら

渡航先渡航先
日数日数
人数人数
インターネット割引
病気・ケガの治療費用
年齢70歳以上引受
持病(既往症)を補償
保険料の払込方法
保険会社
現在の
比較条件
  • 渡航先:
  • 日数:
  • 人数:
並び替え
結果の
表示形式
保険会社名 損保ジャパン ジェイアイ傷害火災 ジェイアイ傷害火災 エイチ・エス損保 エイチ・エス損保
損保ジャパン ジェイアイ傷害火災 ジェイアイ傷害火災 エイチ・エス損保 エイチ・エス損保
この保険会社で絞込み この保険会社で絞込み この保険会社で絞込み この保険会社で絞込み この保険会社で絞込み
商品名 OFF t@bihoたびほ t@bihoたびほ たびとも たびとも
プラン名 保険料抑えたいプラン 保険料節約プラン
(10~49歳以下)
保険料節約プラン
(50~59歳以下)
P1
(10~64歳以下)
P1
(65~74歳以下)
合計保険料(1人合計) 2,100 1,670 2,070 1,680 2,490
お申込 インターネット
契約
インターネット
契約
インターネット
契約
インターネット
契約
インターネット
契約
?傷害死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
?傷害後遺障害
1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
?治療・救援費用 ※1 - 1,000万円 1,000万円 - -
?治療費用 1,000万円 - - 1,000万円 1,000万円
?疾病応急治療・救援費用 - - - - -
?緊急歯科治療費用 ※2 - 緊急歯科治療
10万円
緊急歯科治療
10万円
- -
?疾病死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
?航空機遅延 ※5 - - - - -
?救援者費用 1,000万円 - - 1,000万円 1,000万円
?個人賠償責任 1億円 1億円 1億円 1億円 1億円
?携行品損害 ※3 30万円 30万円 30万円 30万円
※携帯電話・スマートフォン等の電子機器等は、携行品の補償対象外です。(オプション設定可)
30万円
※携帯電話・スマートフォン等の電子機器等は、携行品の補償対象外です。(オプション設定可)
?航空機寄託手荷物遅延 ※6 10万円 (定額払型)
1万円
(定額払型)
1万円
(定額払)
1万円
(定額払)
1万円
その他の補償 テロ等対応(日額) 1万円 弁護士費用等 100万円 テロ等対応(日額) 1万円 弁護士費用等 100万円
注意事項
備考 リピーター割引あり

別途、航空機遅延、旅行キャンセル費用、旅行中断費用をオプションとしてセットできます。

リピーター割引あり

別途、航空機遅延、旅行キャンセル費用、旅行中断費用をオプションとしてセットできます。

別途リピーター割引、航空機遅延(オプション)あり 別途リピーター割引、航空機遅延(オプション)あり
キャンペーン ファミマカフェ コーヒーSサイズ引換券(税込100円)がもらえる『はじめてのt@bihoキャンペーン』 ファミマカフェ コーヒーSサイズ引換券(税込100円)がもらえる『はじめてのt@bihoキャンペーン』
  • 出発日時点で70歳以上の方は下記の保険会社でご検討下さい。
    ・渡航期間が3カ月未満:損保ジャパン、日新火災、ソニー損保、ジェイアイ傷害火災(渡航期間31日まで)、au損保(渡航期間15日まで・74歳まで)、エイチ・エス損保(渡航期間31日まで)
    ・渡航期間が3カ月超:東京海上日動
  • 治療・救援費用はプランによって、治療費用と救援者費用にわかれている場合があります。
  • AIG・チャブ保険・東京海上日動・日新火災では、保険期間が54日以上の場合、保険料は出発日から月単位での計算となります。
    (例)2019年12月2日より3か月⇒2020年3月1日まで
  • 上記比較表には、保険商品の全てが記載されてるものではなく、あくまで参考情報としてご利用ください。
    また、比較表に記載された保険商品の内容については、必ず「契約概要」やパンフレット等において全般的にご確認ください。

AIG損保の商品について

  • 無制限とは、治療・救援費用補償特約の保険金額(支払限度額)を無制限とすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。
  • 緊急歯科治療費用は、保険期間31日までのご契約に限り補償の対象となります。ご旅行中に緊急に要した歯科治療費用に限り、10万円をお支払いの限度とします。
  • 携行品損害保険金額が30万円を超える契約の場合は、盗難、強盗および航空機寄託手荷物不着による損害については、30万円を保険期間中の限度とします。
  • 旅行行程中の予期せぬ偶然な事故により負担を余儀なくされた、交通費、宿泊施設の客室料、食事代、通信費、渡航手続費、および渡航先で予定していたサービスの取消料などについて、保険期間中合計で5万円をお支払いの限度とします。ただし、食事代については5千円を保険期間中の限度とします。また、身の回り品購入費は10万円を保険期間中の限度とします。
  • 1回の出発遅延など、搭乗不能または着陸地変更につき、2万円をお支払いの限度とします。
  • 1回の寄託手荷物遅延につき、10万円をお支払いの限度とします。

東京海上日動の商品について

  • * 航空機遅延の補償は、1回の事故について、保険の対象となる方が下表の①から③に該当する費用を負担した場合、該当した費用に応じたお支払い額のうち、いずれか高い金額をお支払いします。
  保険の対象となる方が負担した費用 お支払い額
宿泊施設の客室料 3万円
交通費(*1)もしくは渡航先での各種サービス取消料 1万円
食事代 5,000円
  • 航空機の代替となる他の交通手段を利用した場合の費用をいいます。
  • ファミリープランを選択した場合の航空機寄託手荷物遅延費用は一人あたり定額払3万円の補償となります。