1. 海外旅行保険比較サイト i保険
  2.  > 渡航目的から選ぶ
  3.  > 長期海外旅行保険(ファミリー)

i保険ナビダイヤル

長期海外旅行保険(ファミリー)とは?

家族旅行特約付きの海外旅行保険をファミリープランと呼びます。
観光や商用などご家族での長期滞在には海外旅行保険ファミリープランがお勧めです。
家族全員が、同一の旅行行程(出発日から帰国日までが同じ)であることが必要です。
ファミリープランは、家族全員を1枚の保険契約証で引き受けることができるので、旅行中の管理も楽です。
また、ご家族で共有となる補償があるため、個々に申し込むより保険料が割安になる場合もあります。

自分にあった長期海外旅行保険(ファミリー)選びのポイントは?

point1

海外旅行保険ファミリープランは、駐在、観光、ロングステイなど渡航目的に関わらずご加入いただけるご家族様向けのプランです。
家族全員が同一の旅行行程(出発日から帰国日までが同じ)であることが条件となります。
保険会社によっては、「ご本人とご家族が同じ補償項目をセットすること。」「ご家族の補償額は、ご本人の補償額の同額以下の金額で設定すること。」などの条件もあります。
また、家族全員を1枚の保険契約証で引き受けることができるので、複数の保険証券をまとめて管理する煩わしさがなかったり、ご家族で共有となる補償(携行品損害や個人賠償責任など)があるため、個々に申し込むより保険料が割安になる場合もあります。

同一生計

ファミリープランでご契約いただける家族の範囲
  • ● 本人の配偶者(旅行後に婚姻の届け出を予定されている方を含みます。)
  • ● 本人又は配偶者と生計を共にする同居の親族※
  • ● 本人又は配偶者と生計を共にする別居の未婚の子
  • ※ 親族とは本人の6親等内の血族および3親等内の姻族です。
  • 注) 三井住友海上およびあいおいニッセイ同和損保は「同一生計」要件はありません。
海外旅行保険ファミリープラン 取扱保険会社 東京海上日動三井住友海上
AIU保険ジェイアイ傷害火災あいおいニッセイ同和損保損保ジャパン日本興亜

point2

ご家族で渡航される場合はお子様の体調が心配になると思います。
特に小さいお子様が居る場合、お子様の急な熱や腹痛などで病院へ行くことも多々あります。
しかも、海外の医療費は想像以上に高額です。

point3

治療費用の支払い方法にも注目!
高額な治療費や救援費用は、立て替えでの支払いも大変な負担になる場合があります。そこで注目したいのが、「キャッシュレスサービス」です。
これは、保険会社が提携している病院において、その場で現金支払いをすることなく治療が受けられるシステムです。
治療費は保険会社から直接提携病院へ支払われるので、安心して治療を受けることができます。
キャッシュレスサービスが利用できるのは海外では大きなメリット。忘れずにチェックしましょう!

各社提携病院はこちら

point4

家族構成やニーズに合わせて自由にプランを設計していただくことも可能です。
その場合にはフリープラン(自由設計)でご契約できる保険会社をお勧めします。

フリープラン取扱保険会社 東京海上日動あいおいニッセイ同和損保

point5

≪海外旅行保険延長について≫
海外旅行保険は、ご出発日からご帰国日までを保険期間として設定していただき、ご契約いただく必要がありますが、
満期日(保険終期日)以降も海外での滞在をご継続されるお客様は、契約延長のお手続きが必要となります。
延長が必要なお客様は、満期日までに弊社までご連絡ください。保険会社にて延長が可能かどうか審査を行います。
保険金請求の件数・金額、保険期間・年齢等により延長をお断りすることもございますのでご注意ください。
≪海外旅行保険解約について≫
海外旅行保険は解約手続きが可能です。
解約保険料は、ご契約者様からご連絡いただいた日を「解約請求日」とし、
既に経過した期間に対応する保険料を差し引いた残額をお返しいたします。
(※解約返戻金の試算方法につきましては、ご契約いただいている保険期間によって異なります。)

各保険会社のサービスと特徴

AIU保険 ジェイアイ傷害火災 三井住友海上 東京海上日動 損保ジャパン日本興亜 あいおいニッセイ同和損保 ゼネラリ保険

i保険ナビダイヤル

資料請求はこちら

保険比較サイトi保険が選ばれる理由

海外旅行保険に
関するご質問を
まとめてご紹介!

海外旅行保険に
関する用語を
ご紹介しています!

お電話によるご相談・資料請求